Racines Wines Land

  • トマ・プェシャヴィ / レ・ヴリユ <br>※お一人様1本まで
  • トマ・プェシャヴィ / レ・ヴリユ <br>※お一人様1本まで

    トマ・プェシャヴィ

  • トマ・プェシャヴィ / レ・ヴリユ <br>※お一人様1本まで

    畑を歩くトマ

白ワイン

トマ・プェシャヴィ / レ・ヴリユ
※お一人様1本まで

4,950(税込)

数量
Sold out
生産者:Thomas Puechavy / トマ・プェシャヴィ
ワイン名:VdF - Les Vrilles / レ・ヴリユ
ブドウ品種:シュナン・ブラン
ワインタイプ:白
生産国:フランス
地域:ロワール
ヴィンテッジ:2020
容量:750ml
ヴヴレの真髄、ドライなシュナン・ブラン酒。新星トマ・ピュエシャヴィの鮮やかな手並み
音楽演奏からワイン界に飛び込んだトマによる、エントリーレベルのシュナン・ブラン。彼の畑中では樹齢約25年と比較的若いブドウを用い、ステンレスタンクで醸造させた、エントリーレベルのワイン。だが、天性の芸術的センスを持ち合わせるトマの手にかかれば、親しみやすさの底に熟した果実香が広がり、昨今ヴヴレでは珍しい上出来なドライなシュナン・ブラン酒となる。

 
トマ・プェシャヴィについて
 フォークロックで世界に知られるバンド「モリアーティ」で、ハーモニカやマウスハープを担当していたトマ・ピュエシャヴィが、別天地ロワールで造るワイン。モリアーティは1995年に結成され、フランスをはじめとする内外でコンサートを開いてきたが、トマは演奏会場の近傍にあるワイン産地をよく訪れ、オフシーズン中にはワイン造りを手伝ったりもする、熱心なワイン愛好家だった。 2016年のバンド活動休止を機に、トマはロワールにあるアンボワーズの醸造学校に入学。じつはパリ出身のトマにとって、ロワールは幼い頃から家族と訪れた地であり、ロワール産ワインには慣れ親しんでいた。ついに2019年、ヴヴレにシュナン・ブランの植わる畑を3ha購入し、有機栽培に転換した。セラーはもともと石切り場だった洞窟で、温度・湿度ともにワイン造りに理想的な環境である。 トマの醸造家としてのデビュー作は、2019年産。濾過をしないため細かな澱が瓶底に沈むが、味わいにはくっきりとした輪郭と透明感がともない、どこか幻想的な彼の音楽作品に通じる気配がある。年間生産量は8000~9000本。

CHECKED ITEM